ステアリングのスイッチを長押しすると・・・

職場から厚木の山々を見ているだけで、花粉の脅威を感じて目がショボショボしているカーウイングス 石川です。

今日は、久しぶりに、カーウイングスブログでサービスそのもののことではなく、ナビゲーションのスイッチについて書いてみましょう。

下の写真は、カーウイングスナビゲーションシステム対応のHDDナビが装着されたTIIDAです。残念ながら、室内の高級感を演出する木目調パネル「15G + navi HDD Safety」を備えたティーダではありませんが、普段の仕事で使っているとても燃費の良いティーダであります。

2009年3月末までの期間限定の ティーダの特別仕様車「Plus navi HDD Safety」については、こちらのブログをご覧ください。

そして、私が触っているのは、操作感の良い、ステアリングスイッチです。
Navi1

右手に一眼レフのカメラ、左手はステアリングスイッチに触れ、片目をつぶって、結構マヌケな格好をしている状態かもしれません。

突然ですが、問題です!

この今親指が当たっている、上下方向とENTER方向(押し込む方向)に操作できるスイッチを、ENTER方向に長押しすると、どんな画面になるでしょうか?

正解は・・・


こんな画面になります。


Navi2

見にくいので、次のページをご覧ください。

「目的地」「ルート」「CARWINGS」「情報」「設定」が選択できる画面になります。

この5つに「現在地」のスイッチを加えた6個のスイッチが、カーウイングスナビゲーションシステムの大きな6個の入り口スイッチです。

Navi3

つまり、ステアリング(ハンドル)から手を離さずに、ステアリングスイッチだけで多くの操作を可能としています。

例えば、情報チャンネルのマイチャンネルを使う場合は、

 1)ステアリングスイッチのENTERを長押し。

 2)ステアリングスイッチを2つ下にカーソルを動かして、「CARWINGS」を選択。

 3)「情報チャンネル」を選択

 4)「お気に入りを」選択

 5)「マイチャンネル」を選択

という操作でOKです。
とても簡単です。

この上下に動くスイッチは、人差し指で操作せず、親指で操作するのが、ダンディですね。(?)

Navi4

とても使いやすいので、操作に夢中になってしまいそうですが、運転がおろそかにならないように、くれぐれも注意してください。

ENTERを押して、長押しをしない状態で上下に動かすと、オーディオの操作が出来ます(ラジオの選曲、またはCDの曲送り)。
慣れると非常に便利なスイッチですよ。

”とても操作がしやすいカーウイングスナビゲーションシステム”というと、ナビゲーション中心のダイヤルや、モニターのタッチパネルに話になりがちですが、ステアリングスイッチもボイスコントロールも含めて、「とても操作がしやすいカーウイングスナビゲーションシステム」です。

Navi5

操作がしやすいハードだからこそ、オペレータサービスGoogleマップ位置情報ダウンロードなどのソフトウェア(サービス)も、負けてはいられないと思います。
そんなカーウイングスナビゲーションシステム””カーウイングスのサービス”の関係です。

お客さまには、そのような区別など関係なく、「日産のカーナビはつかいやすい!」と思っていただけるよう、開発陣一同、頑張っております。