渋滞を避ける?

カーウイングスの石川です。
今日は、春らしい暖かさになりましたね。やはり、春は暖かくないと・・・。

さて、今日は、久しぶりにカーウイングスの「最速ルート探索」について、書いてみたいと思います。
以前にも、「最速ルート探索の技術紹介」というタイトルで書いていたのですが、こちらは、『工学部』っぽい感じがしませんかね??
きっちりと書いています。ちょっと理系な感じです。難しいですよね。間違ったことは、書いていないのですが。

一方、今日は、ディーラーでC/A(カーライフアドバイザー)がお客さまに説明するときの資料のチェックをしていると、気になる一言がありました。

その一言とは、

  「渋滞を避ける!」

です。
カーウイングスの最速ルート探索をはじめ、カーウイングスナビゲーションでのルート探索を説明するときに、あえて比較的に使わない表現の一つが「渋滞を避ける」という表現です。

Pic_07

この上の図のように、渋滞している道と渋滞していない道がある場合、最速ルートは渋滞の無い道路を選ぶことが出来ます。
その方が、目的地への時間も短いからです。

一方、古くからあるナビゲーションで、「渋滞を避ける」機能がある商品もあります。
渋滞を避ける機能と言うと、VICSからの情報を受信し、その渋滞情報を避ける機能です。
しかし、それは、カーウイングスの最速ルート探索とは違います。
局所的な渋滞を避けることができる場合もありますが、他の場所で起きている渋滞に突入するかもしれません。
その結果、到着時間が遅くなるケースもあります。

ゴールデンウィーク終わりの方の、高速道路が大渋滞、主要道路も渋滞の日とか、慢性的に混んでいる都心の道路などでは、渋滞を避けること自体が著しく困難なこともあります。

そんな時、カーウイングスは渋滞に突っ込むこともあるかもしれません。
渋滞に突入した方が、到着するまでの時間が一番短いと判断した場合は。
これが、最速ルート探索です。

基本的には、渋滞が少ない道路や渋滞の無い道路、通過するのに時間がかからない道路を通るほうが早いので、結果的に「渋滞を避ける」ルートを案内することが多いのですが、ただ渋滞を避けることを目的にしてルート探索をしようとしているわけではないということを、ここでお伝えしてみました。

また、難しいことを書いてしまったかも・・・と思いながら、

難しいことはさておき、カーウイングスの最速ルート探索を信じて、案内に従って走ってみるのが、一番早いと思います。