リーフの充電体験をしてきました

梅雨の晴れ間に青空が広がり、絶好のドライブ日和になりました。

カーウイングス山下です。 この日私はリーフの試乗会説明員でGRANDRAIVEに行ってきました。

電気自動車リーフ、走るエネルギーは電気ですから、ガソリンスタンドに行く代わりに、充電機から充電をします。

Photo_2

充電するガンはどうなっているのでしょう?Photo_8

がっしりとしたホースで、まるで消防ホースのようでした。

丸い口をリーフの給電気ポートの大きな口のほうにに差込みます。

(リーフはふたつの給電ポートの口をもっています)

「急速充電」といわれているもので、充電時間が比較的短くできるシステムです。

今後、電気自動車が走行しているさまざまな施設に設置されていくことでしょう。

ガソリンサービスステーションのように

充電ステーションというものが出来ていくのかもしれません。

EVのある街

こんにちは。カーウイングスの山下です。

カーウイングスブログ編集長を引き継がせていただきましたが、ブログを書くというのは常にお知らせしたい内容と、タイミングが大切ですよね。

石川のようなリズムで書けますかどうか。。不安がいっぱいですが、カーウイングスブログでお伝えする内容で、少しでもカーウイングスへのご理解のプラスになれば、幸いです。

E2
さて、写真は先日まで開催された自動車技術展人とくるまのテクノロジー展2010」で公開しておりました「EVのある街」のジオラマです。

お知らせの通り日産は本年度、電気自動車(EV)を発売いたします。
私、山下もEVに搭載されるカーウイングスで、どんな情報をお伝えできるか、現在サービス企画をしております。

街に電気自動車(EV)が溢れ、環境にやさしいモビリティ社会が広がっていく時代は、もうすぐそこまで来ているかもしれません。

「日産リーフ」の日本での予約注文を4月1日より受付開始

カーウイングス 石川です。Leaf_125_125
本日、3月30日、ある一つのニュースを発表しました。
既にご存知の方も多いかと思いますが、電気自動車「日産リーフ」に関するニュースです。

まずは、ニュースリリースをご覧ください。

日産自動車、「日産リーフ」の日本での予約注文を4月1日より受付開始
本年12月より販売を開始
―予想される政府の補助金を勘案すると299万円から―

「日産リーフ」の価格は376万円からの設定とした。2010年度も本年度同様のEV補助金制度が続くことを前提に試算すれば、一台あたり約77万円の補助が政府から受けられると予想され、その場合のお客さまの負担は、299万円となり、非常にお買い求めやすい価格となっている。
また、EVである「日産 リーフ」は、2011年度まで自動車重量税、自動車取得税は免税、自動車税は購入翌年度に50%軽減される。

そして、「日産リーフ」サイト(http://ev.nissan.co.jp/)も新しくOPENいたしました。
スペックのページを見ると、「主要装備 :  専用ITシステムの文字があります。
ITシステムは、日産リーフの大きな魅力の一つです。

まだ、今の時点では、詳しい情報をお伝えできないのですが、ゼロ・エミッションサイトのインタビューのページ内、チーフプロダクトスペシャリストの阿部の話している内容には、一部のサービスが紹介されていますので、是非ご覧ください。

100%電気自動車 日産リーフ ブログもソーシャルメディアを活用した新たな取り組みをしています。こちらも注目です!

リーフ 先行予約希望者WEB登録

カーウイングス 石川です。Leaf_300_200

「1月31日」と「3月31」って似ていますよね・・・何となく。

と、申しますのも、今日、私はちょこっと勘違いしました。

「リーフの先行予約のWEB登録って、今月までじゃなかったっけ?」と言ってしまいましたが、3月31日まででした。
ただそれだけなんですが。。。

購入の際に納期が優先されるメリットのあるリーフの先行予約の受付の締め切りまで、あと約2ヶ月なのですが、ここでもう一度告知をさせていただきます。

日産「リーフ」先行予約WEB登録は、こちら。
(リーフに関する良くある質問は、こちらをご覧下さい。)

    WEBでの先行登録をすると・・           

1. 購入の際に、納車の時期が優先されます。さらに優遇措置を受けるためには、2010年度初頭から開始される店頭での登録も必要になります。(先行予約受付)

2. ご登録いただくメールアドレスに、いち早く、メールマガジンを含む「リーフ」の最新情報をご案内いたします。

3. 今後、予定されているEV(電気自動車)の試乗会に参加することもできます。(希望者多数の場合は抽選)

4. 登録完了画面から、「リーフ」の最新パンフレットがダウンロードできます。これは、「正式な注文」ではありません。「リーフ」を購入するという意思表示をしていただいて、実際にご購入の際に、納車の時期を優先させていただくというものです。

※1 ご登録は、2010年3月31日(水)をもって終了とさせていただきます。(1月31日から期間延長しました。)        
※2 WEB登録受付、及び店頭での先行予約受付期間は予告なく変更する場合がございます。

電気自動車の歴史

カーウイングス 石川です。2010012116370000

昨日は、ブログでお伝えしたとおり、韓国から4名の大学生の方が来社されました。

そのときに、日産グローバル本社ギャラリーにて、携帯電話からtwitterに投稿した写真(右)をご覧になった方が、「この写っている車は何?」というコメントがありました。

フードの部分がちょっと光ってしまっていますが、これは、日産の電気自動車ハイパーミニです。
生産は既に終了しましたが、日産自動車ではこれまでにいろいろな電気自動車を販売してきています。

日産初の電気自動車の「たま電気自動車」から始まり、コンセプトカーや実際に販売された車も多数あります。その歴史は、是非、こちらのページにてご覧ください。

そして、その電気自動車の歴史がわかる、オリジナルフレーム切手を発売するというニュースを本日、発表いたしました。

オリジナルフレーム切手「自動車の歴史『日産自動車(スカイライン)』」 及び「自動車の歴史『日産自動車(電気自動車)』」の販売開始について

郵便局株式会社 南関東支社(横浜市中区桜木町1-1 支社長 斉藤敬次)と、日産自動車株式会社(横浜市西区高島1-1-1 社長 カルロス ゴーン)は、両社の協力により制作しました、オリジナルフレーム切手「自動車の歴史『日産自動車(スカイライン)』」及び 「自動車の歴史『日産自動車(電気自動車)』」の販売を開始します。 これまで発表された歴代のスカイライン及び電気自動車を題材としたこれらのフレーム切手を、横浜中央郵便局を含む南関東支社エリア内(神奈川県及び山梨県)954局の郵便局で限定販売します。

スカイラインファンも、電気自動車に関心をお持ちの方も、これはちょっと欲しくなりますね。私も、買ってみようかな・・・・。

電気自動車ウォーズ

カーウイングス 石川です。Leaf_125_125

新しい年が始まって、今日から仕事始めです。
あらためまして、本年もよろしくおねがいいたします!

そんな1月5日、テレビ東京系列各局で放送の『日経スペシャル「ガイアの夜明け」』で、新春拡大版 電気自動車ウォーズ  ~ガソリンから電気へ 革命が始まる~ と題しまして、私たちが日々開発中の電気自動車にスポットを当てたドキュメントが放送されます。
時間は、午後10時からです。

番組ホームページから、一部の掲載させていただきますね。

2009年――。世界の自動車メーカーは、歴史的な大動乱の波に巻き込まれた。 GM破たん、VWとスズキの提携、台頭する中国・インドのメーカー・・・。リーマンショックを引き金に、世界の自動車メーカーの勢力図は大きく様変わりを始めた。その本質は何か?ガソリンを燃料にした車の時代が終わり、新たな覇権争いが号砲を告げたのだ。地球環境保護、CO2削減が叫ばれる中、勝敗を決するカギとなるのが、電気自動車などCO2を出さない「エコカー」の開発競争だ。このエコカー開発の戦略の優劣が、メーカーの命運を決める。2010年 ――。エコカーの一角として注目を集め、世界的な普及が始まるのが、電気自動車だ。電池とモーターという、シンプルな構造で走る電気自動車をめぐり、大メーカ-・新興メーカ-が水面下で開発競争を展開している。そして、動力となる電池を製造するためのレアメタル、リチウムを獲得しようと、地球の津々浦々で世界の商人たちが走り回っている。なぜ、世界の自動車メーカーは「脱ガソリン」を選択しなければならないのか?世界の産業やエネルギー開発はこれからどう、変わっていくのか?そして大きな変革に直面した日本企業は、日本人はどう立ち向かっていくべきなのか?世界各地で始まった「電気自動車ウォーズ」を追跡。2010年、人類が経験する異次元の覇権争いの序章をドキュメントする。

テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、テレビせとうち、 TVQ九州放送で放送されますので、お楽しみに。
私も、早めに帰って、番組を見たいと思います。

今年は、ゼロ・エミッションの電気自動車が発売される年。私は”電気自動車のことしか仕事をしていないような状況”と言っても過言ではない昨今ですが、とても大事な年になりそうです。

さーて、今日も「電気自動車の○○○○○」とか「電気自動車の□□□□」とか、そんな予定ですが、頑張りたいと思います。

本年も、よろしくお願いいたします。

リーフ 先行予約希望者Web登録

「ゼロ・エミッション」という言葉、もう覚えていただけましたか?
カーウイングス 石川です。

弊社が先週発表したニュースリリースなのですが、大事なことなので、当ブログでもご紹介させていただきます。
日産の電気自動車「リーフ」の先行予約希望車のWeb登録が始まりました。

詳しくは、以下のページからご確認くださいますよう、お願いいたします。

Leaf

ゼロ・エミッション車「リーフ」をマスコミに初披露

カーウイングス 石川です。Leaf_125_125

日曜日のプレスリリースは、珍しいのですが、本日8月2日、モビリティの新たな一時代を構築すべく、ひとつの発表をいたしました。

日産自動車、手頃な価格とニーズを満たす電気自動車「リーフ」を公表

2010年度後半に北米、日本のみならず、欧州でも発売されるこの「リーフ」は、何十年にも亘る投資と研究の集大成です。

私としては、ゼロ・エミッションEV専用ITシステムにも注目をしていただきたいと、思っております。エネルギー残量に応じた到達可能エリアや充電ステーション位置が表示される、高度なITシステムが搭載される予定です。
これまでのカーウイングスナビゲーションの研究・開発の集大成でもあります。

デザインのことや、そもそもゼロ・エミッションのことなど、詳しくは、こちらのホームページでご覧ください!

Zev_300_200

電気自動車のこと

カーウイングス 石川です。
電気自動車(EV)の話を聞かない日がないほど、電気自動車の開発が日々進められております。

まず、こちらの予告サイトをご覧ください。

Zero

ちょっとだけ、何かが見えます。


本日7月27日に発表したニュースリリースにあるとおり、グローバルデータセンターと車両搭載の通信ユニットを活用したITシステムが電気自動車にとって、いかに重要かということがお分かりいただけるかも知れません。

日産自動車、電気自動車用新開発(EV)専用プラットフォームと最新技術を公開
- 2010年度発売のEVに24時間つながる新機能を搭載 -

8月2日の発表を、私自身、ちょっと楽しみにしております。