PURE DRIVEってご存知ですか?

2010年7月13日。何の日でしょうか?


新型マーチが全国一斉発売の日を迎えました!(プレスリリースは、こちら。)

思えば、2002年3月。
カーウイングスがスタートしたのは、前モデルのマーチ(K12)の発売に合わせてのことでした。
あれから8年4ヶ月、いろいろな進化を遂げ、クラスNo.1(1.0-1.5Lクラス。ハイブリッド車を除く。(2010年7月現在 日産調べ))の燃費性能を誇るマーチが登場しました!

March

副変速機付きの新世代エクストロニックCVT、低燃費と高いトルク性能を両立させた日産初の新開発3気筒1.2リッター「HR12DE」エンジンなど、エンジンの開発者がゾクゾクしそうな燃費 を向上させるパワートレインに注目が集まるマーチですが、カーウイングスブログとしては、カーウイングスナビゲーションのことをご紹介しますね。

カーウイングスのオペレータサービスで感動的な気分になりながら目的地設定をしたり、最速ルート探索でスムーズに街を走ったり、Googleマップからさくさくっと目的地をカーナビに送ったりすることは、すべてのお客さまに提供したいサービスであります。
マーチのお客さまにも、是非、使っていただきたいと思います。
もし、マーチをお買い求めいただき、ナビを選ぼうとしたとき、ディーラーでのご指名は「カーウイングスが使えるナビ」と、言ってくださいね。
もしくは「ナビは、カーウイングス付きのHC510D-Wにしてください。」と言っていただければ、私が涙を流して喜びます。
いろいろなオプションナビがあるんですねぇ。でも、カーウイングスを使ってみたいので、HC510D-Wにしよう!」と、言っていただければ、私は号泣して嬉し涙が止まらなくなるでしょう。

March2
カーウイングスに対応したオリジナルナビゲーションHC510D-W。

ブログを書いているうちに、カーウイングスナビを搭載した新型マーチで、伊豆スカイラインや蓼科のビーナスラインなどを颯爽と走りたくなってきました。

走りたくなってきたときは、マーチのWebカタログを見て、そんな気持ちをグッと抑えましょう(私、今、仕事中ですから)。

マーチのWebカタログを見ると、ちょっとハイセンスなかっこいい青いロゴ、気が付きました?

それが、PURE DRIVEです。

March3

エンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」のWebページも、本日、公開になりました。
つぎの100年のためにNISSANが用意した2つの「こたえ」、一つは「ゼロエミッション」、もう一つが「PURE DRIVE」です。


だんだん「PURE DRIVE」について知りたくなってきたと思いますので、ここら辺で、仕事に戻ります(ブログも仕事でしょうーが!というツッコミは無しでお願いいたします)。


日産純正ナビゲーションに「エコ運転診断」機能

こんにちは。カーウイングスの山下です。

100531navi1 今日は、日産自動車からのお知らせです。

日産純正ナビゲーションの10年モデルの5機種に「エコ運転診断」機能を開発いたしました。

詳しいニュースリリースはこちらから。

ディーラーオプションのカーナビに搭載される機能になりますが、いままでカーウイングスでしか出来なかった、エコドライブの診断が、エコスコアとして表示され、ナビゲーション上に分かりやすく表示されていますね。

HDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムを採用-TEANA

カーウイングス 石川です。

甲子園の熱戦が続いている中、北海道の小中学校や高校では、2学期が始まったようです。

そんな8月18日ですが、ティアナの仕様を向上させ、カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式・地デジ対応)を採用するという発表をいたしました。

どんな車のときでもフルモデルチェンジの時は、社内外で結構盛り上がります。そして、マイナーチェンジの時も、フルモデルチェンジの時ほどでは無いですが、カタログも刷新されたり、CMもあたらしくなったりして、盛り上がります。
そこまでではないにしても、一部仕様の変更も、地味ながらもとても重要なイベントです。

Teana

プレスリリースに関しては、こちらをご覧ください。

「ティアナ」の一部仕様を向上

そして、時(とき)を同じくして、新型フーガのサイトも早くもオープンしました。
こちらは、フルモデルチェンジになります。

Fuga

お楽しみに・・・。

進化した「日産オリジナルナビゲーション」

今日は「ドリームジャンボ宝くじ」(第560回全国自治宝くじ)が発売されたようですが、宝くじは一度も買ったことがないカーウイングス石川です。

そんな今日は、日産の新しいカーナビ、「オリジナルナビゲーション」の今年のモデルの発売日です。「ディーラーオプション」と言ったほうが、しっくりくるかも知れません。

'09-'10モデル オリジナルナビゲーションのラインナップは、こちらのページからご覧ください。

Option


個性豊かなラインナップですが、カーウイングスブログとしましては、やはり、カーウイングス対応のナビゲーションをおすすめします!!

カーウイングス対応のディーラーオプションのナビは2機種あります。

まず1つ目は、HC509D-Aです。

Hc509

このリアルタイム地図更新でBluetooth対応のこのナビゲーションは、メーカーオプションのカーウイングスナビゲーションシステムでお馴染みのこの街ガイドやおまかせ再生の機能も入っている、ハイスペックモデルです。
オペレータサービスや情報チャンネルも、もちろん、利用できます。

そして、もう一つが、4チューナー×4アンテナのHS709D-Aです。
最上位機種と言っても過言ではないでしょう

Hs709_3

あらゆるAVメディアに対応していることも特長の一つです。
詳しくは、HS709D-Aの紹介ページでご覧ください。
ご注意いただきたいのは、カーウイングスの情報チャンネルの音声読み上げには、対応しておりません。また、この機種は、Bluetooth接続にて使用するもので、ケーブルによる接続はできませんので、予めご注意ください。

今日は、オリジナルナビゲーションのご紹介をいたしました。これから、日産車ならびに日産カーウイングスのご利用を検討中のお客さまは、是非ご参考にしてみてください!

ステアリングのスイッチを長押しすると・・・

職場から厚木の山々を見ているだけで、花粉の脅威を感じて目がショボショボしているカーウイングス 石川です。

今日は、久しぶりに、カーウイングスブログでサービスそのもののことではなく、ナビゲーションのスイッチについて書いてみましょう。

下の写真は、カーウイングスナビゲーションシステム対応のHDDナビが装着されたTIIDAです。残念ながら、室内の高級感を演出する木目調パネル「15G + navi HDD Safety」を備えたティーダではありませんが、普段の仕事で使っているとても燃費の良いティーダであります。

2009年3月末までの期間限定の ティーダの特別仕様車「Plus navi HDD Safety」については、こちらのブログをご覧ください。

そして、私が触っているのは、操作感の良い、ステアリングスイッチです。
Navi1

右手に一眼レフのカメラ、左手はステアリングスイッチに触れ、片目をつぶって、結構マヌケな格好をしている状態かもしれません。

突然ですが、問題です!

この今親指が当たっている、上下方向とENTER方向(押し込む方向)に操作できるスイッチを、ENTER方向に長押しすると、どんな画面になるでしょうか?

正解は・・・


こんな画面になります。


Navi2

見にくいので、次のページをご覧ください。

最強のカーウイングスナビゲーション、HC508D-A

カーウイングス 石川です。D1

突然ですが、カーウイングスの様々なサービスが利用できる『カーウイングスナビゲーションシステム』の機種は、何種類かあります。
時代によって、DVDタイプであったりHDDタイプであったり、いろいろありますが、今、最強と言えるのが、オリジナルナビゲーションのHC508D-Aと言えるでしょう。

どうして最強かと言うと、リアルタイム地図更新、ボイスコントロール機能をはじめ充実したAV機能も充実しているからです。

携帯電話をナビに接続して任意の場所の周辺の地図を更新する「周辺地図更新 ※1」、USBメモリー、CD-R/DVD-Rを使って、都道府県単位で地図更新を行う「都道府県地図更新 ※1」、そして、すべての地図データを販売店(ディーラー)で更新する「全国地図更新※2」と、更新するエリアによって、効率的に地図更新ができるカーナビゲーションシステムです。

地図が古くなったらDVDを新しいものに交換するという経験をしたことがある方も少なくないかもしれませんが、携帯電話を利用して指定した場所の周辺の地図だけを更新する「周辺地図更新」は、このHC508D-Aの大きな特長です。

※1:購入から1年間は回数制限なく、無料で更新できます。2年目以降は有料となります。
※2:3年以内の有料点検入庫時(12ヶ月/24ヶ月法廷点検、3年目車検が対象)の1回のみに限り、無料で更新できます。2回目以降の費用につきましては、販売会社にお問い合せください。

6月のこのブログで書いたことはあるのですが、意外とカーウイングスブログでも登場機会が少なかったHC508D-A
優れた地図更新ができるようになった他では、ナビゲーション全体のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)も向上しています。
カーウイングスのサービスも使いやすくなっています。

まず、ナビメニューは、こんな感じです。
タッチパネルでの操作をするので、「メニュー」スイッチを押した画面に「CARWINGS」と大きく表示されています。

D2

そして、CARWINGSメニュー。

押してみましょう。

D3
ここが、CARWINGSのサービスの入口で、ここに表示されているサービスを利用するためには、カーウイングスとの契約が必要になります。
(逆に言えば、ハンズフリーフォンや、地デジ、地図更新、Bluetooth®対応のオーディオと接続しての音楽再生などは、カーウイングスの契約なしで利用できます。)

それでは、情報チャンネルのボタンを押してみると・・・

このような画面になります。

D4

カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)との違いは、「お気に入り」と各ジャンルのカテゴリ(「マイチャンネル」とか「レジャーサーチ」など)が並んでいる点です。

ポータブルナビゲーション「NV-BD600DT」&ドライバーごとに燃費改善アドバイスを行う エコ運転支援システムのITS実証実験を開始

カーウイングス 石川です。

先週金曜日に発表した、三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社のポータブルナビゲーション「NV-BD600DT」へのカーウイングスサービスの反響が大きくて、期待の高さを感じております。Bd600
金曜日の昼過ぎにはアップされていなかった三洋さんのページにも、今はしっかりと「NV-BD600DT」の速報版が紹介されています!

Bluetooth対応の携帯電話を利用してカーウイングスの情報センターから情報を取得すれば、リアルタイムの交通情報や現在地付近の飲食店・ヘッドラインニュース等を表示したり、渋滞などの交通情報を基に最速ルート探索を行うことができます。

今年の6月にサービスを開始した、Googleマップ位置情報ダウンロードのサービスもご利用できますが、このPNDはオペレータサービスがご利用いただけませんので、ご注意ください。

「NV-BD600DT」に関する情報は、こちらのページでご確認ください。

ニュースサイトでもいくつかの記事を見つけましたので、ご紹介しておきます。

三洋電機、Bluetooth携帯で「カーウイングス」が利用できるSSDポータブルナビ(日経トレンディネット)

日産の「カーウイングス」に対応するPND、三洋電機が発売(nikkei BPnet)

【三洋電機】日産のカーウイングスに対応したポータブルナビを発売(AUTO GALLERY NET)

日産、「カーウイングス」を市販ポータブルナビに提供(ケータイ Watch)


それから、個人の方のブログでも、いくつか紹介されていました。どうもありがとうございます。

(゜ロ゜;)エェッ!?日産カーウイングスが三洋ゴリラで使えるって?

日産「カーウイングス」が三洋の新型「ゴリラ」に対応

カーウイングス対応ゴリラ

ゴリラ新モデル「NV-BD600DT 」

そして、ゴリラとは別件ですが、本日22日は、またプレスリリースを発表いたしました。

日産自動車、ドライバーごとに燃費改善アドバイスを行う エコ運転支援システムのITS実証実験を開始 Eco1

ご好評をいただいているカーウイングスの愛車カルテのサービスがありますが、今回発表し た、ドライバーごとに燃費改善アドバイスを行う エコ運転支援システムのITS実証実験は、2006年10月より神奈川県で行っているSKYプロジェクト(スカイプロジェクト)のモニターのお客さまを対象にしたものです。
カーウイングスの通信によってナビゲーションからセンターに送信される車両の走行情報を活用し、燃費に関連する情報だけでなく、ドライバー個々の運転状況を詳細に分析・診断し、ホームページ上で要因別にアドバイスを行っています。

一日のエコ運転の総合評価(点数評価)や、燃費・アイドリングなどの項目別評価のコンテンツを提供する予定です。

SKYプロジェクトのモニターの方々は、是非ご利用していただき、より環境に配慮した運転を心がけていただきたいですし、モニター以外のお客さまにも、このドライバーごと燃費改善アドバイスを行う エコ運転支援システムが無くても、「ふんわりアクセル」「加減速の少ない運転」を心がけていただきたいと思います。

「カーウイングス」を市販ポータブルナビゲーションに展開

カーウイングス 石川です。

本日、カーウイングスの新しい展開を発表いたしました。

【プレスリリース】Tenki
日産自動車、「カーウイングス」を市販ポータブルナビゲーションに展開

これまでは、日産自動車、スズキの純正ナビゲーションシステムにて「カーウイングス」のサービスを展開してきました。そして、今回の発表は、2008年10月に発売される三洋電機のポータブルナビゲーション「NV-BD600DT」 (愛称ゴリラ)に提供することになった、という発表です。

多くのお客さまにカーウイングスのサービスをご利用いただければと考えております。
そして、多くのプローブ交通情報(=車両の位置、速度などの情報)を収集し、それを活用して高精度のルート探索をご提供したいと考えております。


三洋電機のポータブルナビゲーション「NV-BD600DT」 の商品情報は、三洋電機のニュースリリース でご覧いただければと思います。

初登場!のナビ 【HC508D-A】

カーウイングス 石川です。

2008年5月8日のプレスリリース(日産純正ナビゲーション・オーディオ2008モデルを発売)で発表した、日産純正ナビゲーションには、カーウイングスサービスに対応しているモデルが2機種あります。

そのうち、HC508D-Aを、このブログで始めてご紹介します。

実は、私も、この日が実車で使ってみるのが初めてのことです。

早速「メニュー」ボタンを押してみました。

Tiida1

画面はタッチパネルで操作しますが、触りやすそうな、大きなデザインです。
右下に「CARWINGS」の入り口があります。


ちなみに、車はTIIDAに取り付けています。

Tiida2

情報チャンネルの「お役立ち情報パック」を使ってみました。
6月らしく、傘のイラストが、周囲を艶やかに彩りますが、この時に感じるのは、音声合成(Text to speech)の質が非常に向上しています。

とても、聞きやすい音でコンテンツが読み上げられます。
技術の進歩を感じます。



日産純正ナビゲーション・オーディオ2008モデルを発売

カーウイングス 石川です。20080509navi

既にニュース等でご存知のお客さまもいるかもしれませんが、
5月9日に、「日産純正ナビゲーション・オーディオ2008モデルを発売」の発表をいたしました。

”純正ナビゲーション”と言うと、メーカーオプションのナビゲーションをイメージする方も多いかもしれませんが、俗に言うディーラーオプションのナビゲーションも含め、こちらのオプショナルパーツのページに紹介しているもの全て「純正」と言います。

プレスリリースの中から少し抜粋すると、

日産純正ナビゲーションの2008年モデルは、HDDタイプ4機種、フラッシュメモリータイプ2機種の計6機種。全機種とも日産販売店で行う初回の全国地図一括更新を無償で実施する(*1)他、インターネットや携帯電話のパケット通信を使って、いつでも最新の地図に更新可能なサービスを開始する。
(*1: 新車購入時から3年以内の有料点検時。)

今回発表した、2008年モデルの6機種のうち、カーウイングスのサービスが受けられるのは2機種(HS708D-A、HC508D-A)で、HC508D-Aは、6月2日発売予定です。

これから新車をお買い求めになられるとき、もしくは、既におクルマにお乗りの方で、カーナビを買い替えたい、または「カーナビは取り付けていないけど、カーウイングスを使ってみたい。」という場合、是非、HS708D-A、HC508D-Aをご検討のひとつに加えていただければと思います。
取り付け可能な車種は、各ナビゲーションのページにてご確認ください。

HS708D-A

HC508D-A

日産:オプショナルパーツ/NAVIGATION/AUDIO